連休の出来事


こんばんは。
しばらく投稿が空いてしましましたが連休が終わって一段落しています。

連休中は予約で満室でと思っていたら
初めてNO SHOW(予約をしていながらあらわれず無断でキャンセルすること)をいただきました。
宿に限らず飲食業等でも避けて通れない問題なのでいつかはあるだろうと思っていましたが
まさか連休中にあるとは。
日本在住の海外方で宿業界ではNoshowが比較的多いことで有名なBooking.comだったのですが
最初からちょっと怪しかったんです。
なぜって、「Kasugai-city station」まで行きたいので宿に着いたら行き方を教えてくれと
メッセージが着いていたので、近くの駅は「Kasugai-cho station」で山梨県だけどあってるかい
と返して返信が無かったので気になりつつ、直前フォローをしなかったのが失敗でした。

愛知県の春日井駅も、山梨県の春日居町駅も同じ中央本線の駅でローマ字で書かれると
都道府県がの基礎知識がないとわからないというトラップです。
ちなみに当日でも間違えたからごめんと連絡いただければ対応できるのですが残念です。

私の名字の山田駅はたくさんありますし、北海道の根室本線に新富士駅があったりします。
間違えると富士山はなく製紙工場しかない無人駅に連れて行かれます。(途中で気付きますが)
ですが、DB(ドイツ国鉄)の券売機は時刻表検索して印刷してくれる機能があるので旅行中
利用していたのですが有名観光地と同名のど田舎の駅に連れて行かれそうになったことがあります。

逆パターンが関西だと「柏原駅」は東海道本線(かしわばら:滋賀県)、大和路線(かしわら:大阪府)、
福知山線(かいばら:兵庫県)と漢字が一緒で読み方が全部違うという有名な例があります。

他のゲストハウスのオーナーの方も書かれてましたが、
キャンセル料が徴収できない事よりも折角泊まりたいと思って電話でお問い合わせいただいて
いるにもかかわらず満室のためお断りしてるお客様に大して申し訳なかったな
という気持ちになりますね。

対策としてBooking.comの国内のお客様に対しても予約時にクレジットカードの
番号入力を必須にしました。
手間が増えて申し訳ないですが、Booking.comでのカードでの事前決済もできますので
ご利用下さい。
交通機関の不通でそもそもこれない場合や、急病/不幸等のやむをえない状況であれば
キャンセル料は免除できますのでお問い合わせ下さい。

 

最後に連休中に起こった怪現象についてです。
なぜか右足のスリッパが2つあり、左足のスリッパが2つ足りません。
宿中掃除しているので見落とす訳もなく、左足のスリッパが突然変異をして
右足のスリッパになったのではないかと考えてみたりしています。

水色のスリッパのイラスト

だらだらとまとまりのない内容で申し訳ありません。
アイキャッチ画像も全く関係ありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください