深夜の物音


こんにちは。
一昨日の夜中に聞こえてきた物音についてです。

平日は貨物が2時過ぎに通るのですが、
午前3時間頃に車の音や人の気配、物音がして目が覚めました。
残念ながらお客様はいらっしゃらず広い宿に一人きりだったので
ちょっと怖いなと思いつつ懐中電灯をもって宿の中をうろうろしてみると
宿の裏の道路に車がたくさん止まっていて踏切付近で明かりが動いていました。

大規模な保線作業(レール研磨や交換等)の際には事前に連絡がポストに入っているのですが
突発的なものや小規模なものは特に連絡はありません。

気付かずに寝ていることも多いのですが、
線路のそばに引っ越してきて初めてみる保線作業でした。

 

考えてみますと宿屋も鉄道会社もレンタルレイアウトもサービス提供のための施設維持が
最大の業務になります。
鉄道だと軌道、信号、車両の保守、宿屋だとお部屋等の清掃、お布団の管理等々。
使うときにはわからないのですが、それを支えるたくさんの人がいることを実感するとともに
私も支える側になったのだなぁと夜中布団の中で考えていました。

お泊まりのお客様におきましても、線路の近くにあるため突発的な保線作業等で
夜中に物音がする場合があるということはご留意いただきますようお願い申し上げます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください