山梨岡神社の太々神楽(だいだいかぐら)


こんにちは。
宿から歩いて行ける山梨岡神社の太々神楽(だいだいかぐら)を見てきました。

宿からは踏切を渡って歩いて15分ほどつきます。
雁坂みち(国道140号)から参道が続いています。

神社は先日の笈形焼(おいがたやき)の御室山の麓にあります。
正面の奥にある社殿は国の重要文化財です。藤棚があり咲くときれいになるそうです。

昨日から宿までお囃子が聞こえてきていてすごく気になっていました。
私がいったタイミングでは24種ある舞のうち5番目の「陰陽の舞」をしていました。

まだ境内の桜は残っていましたが、週末の雨で散ってしまいそうです。

山梨の名前の由来とも言われている歴史ある神社ですが、
普段はひっそりとしているので朝の散歩なんかにいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください