#single .contents h3#single .contents h3#single .contents h3#single .contents h3

tel050-5212-6392

mailお問い合わせ

MENU

ブログ

- BLOG -

身延山と静岡のヒトヤ堂さんへの小旅行~その2~

Pocket

こんにちは。
昨日の投稿に続いて、後半です。

静岡鉄道

あえて、清水で下車して静鉄に乗るために新清水駅へ。

どんどん電車やってきて2分で折り返していくので、しばらく駅にいるとたくさん
写真が撮れます。ちびまる子ちゃんのラッピングを見送ってA3000系を待ちました。
駅に運用が書いてあるので、いつまで待てばいいのか分かってとても親切です。

なにげに、A3000系は昨年の私の中のヒット作でして、
お客さんが持ってきたのを見て気に入ってしまいグリーンマックスのを
年末までに3色そろえてしまいました。

車内にはローレル賞の掲示もあります。

 

 

静岡 泊まれる純喫茶 ヒトヤ堂

今回の宿泊は、目的地の一つである、泊まれる喫茶店 ヒトヤ堂さんです。
サイフォン式のコーヒーを入れてくれる喫茶店にゲストハウスがついています。
最初はココに行くのが目的だったはずなのに、扱いが最後になってしまい申し訳ありません。

外観はかわいらしい趣ある喫茶店です。

こちらは喫茶スペース。

そしてこちらが、宿泊者用のラウンジスペースです。
すごくおしゃれな空間です。小物が最近増えちゃってとおっしゃってられましたが
鐡ノ家のように鉄道グッズが無秩序に増えているわけではないのできれいです。

客室はこちらの階段を上った2階にあります。すごく雰囲気があります。

ドミトリーもシーツがセッティング済みという至れり尽くせりな仕様です。

夕食は静岡おでんかなとおもいつつ教えてもらったおでん屋さん街にいったものの
最終的にはクラフトビールのお店に入ってました(笑
静岡クラフトビールマップなる物をもらい、山梨のクラフトビールも教えてもらったので
今度行ってみたいと思います。

静岡は車でも電車でもいつも通過するところだったので、
初めて市内をうろうろしました。

翌日

宿泊のご予約が入ったので、寄り道せずに特急「ふじかわ」で甲府まで戻りました。
帰りも東芝のGTOの為に先頭のクモハに乗車です。
音がよく聞こえたのでインバータの真上をとれたのかな。

まとめ

今回は、ゆるキャン△の聖地巡礼のお客様が多いので行ってみたというのと
身延線の乗り潰し、各所へのビラの投下を目的にうろうろしてきました。
静岡側からのお客様もいらっしゃるのですが、思っていたよりも近かったので
なるほどなと言う感じです。
富士川沿いの中部横断道がつながれば、アクセスはもっとよくなるので
太平洋側の地域へのプロモーションとか、巡回ルートとかいろいろ考えると楽しそうです。